カテゴリ:聖闘士星矢( 19 )
=====大いなる未来のためにの巻=====
本日は何もなく平凡に過ぎていったので、穴埋めの聖闘士星矢です。

More
[PR]
by swinging_pot | 2005-05-31 21:55 | 聖闘士星矢
=====戦え!女神のもとでの巻=====
催促されたので、更新。
久しぶりの聖闘士星矢ネタですが、かれこれ1月以上前に書いたもののコピペなので、チェックなんかは省いています。
見苦しい点はごめんちゃいm( __ __ )m

一撃目
魔鈴さんにおいてけぼりにされた星矢。
不貞腐れている星矢に紫龍が一言。
フッ おまえまるで母親においてけぼりにされたダダッ子みたいだな
あなたたちみんな孤児でしょ・・・。ひどいこというなぁ。

二撃目
黄金聖衣が偽物だということを主張する星矢。
しかし、沙織は「真の聖闘士なら黄金聖衣になにかを感じるはず」という。
白銀聖闘士は偽物だって言ってましたね。
まぁ、あとで出てくる黄金聖闘士蟹座のデスマスクとかあたりをみてると、聖衣の上位下位は「真の聖闘士」の条件ではないようですが。
いったい誰が「真の聖闘士」なんでしょうか?

三撃目
星矢たちがグラードコロッセオから出て行った直後、カラスにアテナがさらわれます
聖闘士たちを威圧し、ひれ伏せさせるアテナの小宇宙もカラスには効きませんでした。

四撃目
カラスを打ち落として落下してくるアテナを腕で受け止める星矢。
「う・・・どうやら右腕がおれたな・・・」
アテナ、重いんでしょうか?それとも硬い?
あと、星矢の腕がおれたのなら、アテナの体も・・・。

五撃目
重傷を負った星矢。
そこに迫る白銀聖闘士。
しかし、アテナが立ち上がり。
小宇宙で威圧をし、鳥星座の白銀聖闘士ジャミアン(カラスの主)は金縛りにかかります。
そこで、苦し紛れにカラスを差し向けます。
そのカラスたちにアテナがひとにらみすると、カラスはジャミアンの方を襲います。
はて?なんでこの方はさらわれたんでしたっけ?

六撃目
そんなわけで、富士の風穴の崩落に巻き込まれたはずの一輝様復活です(どんなわけだ?)。
その一輝と白銀聖闘士ケルベロス座のダンテとの対決・・・って、ダンテ、おもいっきり鉄球もっています。ハイパーハンマーみたいなやつを。
だから、聖闘士は武器を持っては・・・。
[PR]
by swinging_pot | 2005-05-04 16:19 | 聖闘士星矢
=====白銀聖闘士!美しき抹殺者の巻=====
さて、衝撃の事実が発覚してから暗黒聖闘士編は終わります。
で、タイトルからわかりますがここから白銀編に入ります。
個人的にはこのあたりは面白くないとおもいます。

一撃目
前回の続きとなりますが、一輝様が星矢に「弟よ。」と発言したことの真意。
実は、氷河や紫龍もみんな血が繋がってましたとのことです。
一輝「聖闘士になるべく集められた百人の孤児 おれたち百人は母親こそちがえ ただひとりの男を父親とする兄弟だったのだ」
また、トンでもないです。
一輝様が瞬と兄弟というのは有名ですが、聖闘士星矢の序盤を知らないと、「実はみんな兄弟でした」という設定を知らない人もいますね。

二撃目
白銀聖闘士蜥蜴座のミスティの攻撃で富士の風穴が崩壊。
辛くもテレポーティションで脱出した星矢たちにミスティが
「青銅聖闘士にそんな芸当ができるわけがない」
さらりと、そんなことをできる人間がいる発言。

三撃目
テレポーティションを平然とできる人間はムゥだったのです。
ムゥ様は貴鬼に「一度に八人もテレポーティションさせたら体に障ります」などといわれていますが、やはりこれも平然とそういうことができる発言です。
そして、使った本人のムゥが
「どうしたことか一輝だけがテレポーティションにのってこなかった」
と、また不思議な発言を。
拒否とかできるんですね。

四撃目
ムゥのテレポーティションに追いついてきた蜥蜴座のミスティ。
「うわさにたかいジャミールのムゥ 聖衣の修復だけしていればよいものを・・・」
などと言います。
さらに、蜥蜴座のミスティが指一本で地面を抉りムゥを威嚇します。
「次はあなたの体に穴をあけるがいいのか・・・」
などといっています。
・・・おそらくこのときはまだムゥって牡羊座の黄金聖闘士と決まってなかったんじゃ・・・。
[PR]
by swinging_pot | 2005-03-21 23:18 | 聖闘士星矢
=====不死鳥よ灰となれ!の巻=====
最近、ゲームと風呂と食事しかしてない気がする・・・。
そんなわけで、当然、何事もない日々になっているので聖闘士星矢ネタで回避です。

一輝様、幻魔拳から復帰。
いやぁ、幻覚だけじゃなくて、過去回想にも使える便利な技です。

一撃目
星矢が一輝様に
「地獄のような思いをして帰ってきたのはお前だけじゃないぞ~!」
はて、どこかで同じことを言って「ニタ~」としたやつがいたような?
ツッコミではないのですがいちおう印象的だったので挙げておきたかった、そんなシーンです。

二撃目
さて、過去の回想に入り辰巳さんがまた余計なことを
~~~以下アンドロメダ島の解説~~~
アンドロメダ島
その美しい名前からは
想像もつかないような恐ろしい島
昼間は容赦なく太陽がてりつづけ
五十度をこす灼熱地獄!
夜は一転して
零下までさがり
すべての生きるものをふるえ
つかせる寒波地獄!
この苛酷な条件のもと みごと
聖闘士としてかえってきた
人間はまだ
ひとりもいない
それが
アンドロメダ島の
正体なのだ!!
~~~説明終了~~~

これを聞いて激怒した一輝様。
辰巳さんをタコ殴りにします。
なんで聖闘士になる修行をしたわけでもないのにこんなに強いのだろう・・・?
辰巳さんだって確か剣道の有段者だったと思うのだが・・・。
そういや、一輝様の「アノ」師匠、日本で古武術の教えがなんたらといっていたような気がしなくもないです。

三撃目
辰巳さんをタコ殴りにしたあと一輝様は脱走を試みるのですが、グラード財団の家の塀には鉄線があり「一万ボルトの電流」が流れています。
紫龍はその事実を一輝様は知らないといい身を案じます。
・・・何でこいつはそんなことを知っているんだ・・・。
そういや、へんてこな設定とかはほとんど紫龍(もしくは老師との回想とかで)の口から出てるような。

四撃目
で、なんだかよくわからないまま他の3人の力や黄金聖衣の力を借りて一輝様に勝利した星矢。
一輝「この戦いはおまえの勝ちだ星矢」
星矢「オレひとりの力じゃなくみんなの友情が・・・」
一輝「友情ではない 兄弟愛がおまえに勝利をもたらせたのだ」
星矢「エ?」
一輝「今こそいおうわが弟星矢よ!!」
と、ここで終了。星矢が一輝様の弟?
この話は次回で明らかになりますが、トンでもない設定ですね。
[PR]
by swinging_pot | 2005-03-10 23:00 | 聖闘士星矢
=====デスクィーン島の追憶の巻=====
調子にのって聖闘士星矢連続投稿です。(ちゃっかり日付変更してるけど)

一撃目
一輝様、いまだ自分の幻魔拳から抜け出せません。
瞬に似た女の子エスメラルダとの回想シーンです。
一輝「また主人にムチでたたかれたりしてないか?」
エ「もう なれてますから」
一輝「キミがたった小麦粉三袋でデスクィーン島に売られてきたなんて日本人のオレにはまだ信じられないよ」
信じられませんよねぇ。
まさか地獄のような島無料聖闘士になるために修行に出させられるなんて。
しかも、修行に出されたのは1人や2人じゃなく、100人!!

二撃目
エスメラルダの主人が現れ、仕事をしていなかったエスメラルダをムチ打ちます。
それに激怒した一輝。
エスメラルダの主人を殴ります。
エ「やめて一輝 あなたの拳でそれ以上やったら死んでしまう!」
主人は後ろで「OH・・・NO~」とか言ってます。
確かに死んでしまうでしょうが、なぜ一発でも耐えられたんですかねぇ・・・。
一輝の師匠すら一撃で絶命させ、暗黒キグナスを倒すほどの一輝の拳を受けたのに余裕過ぎます。まぁ、本気じゃなかった。で片付けられますけどね。

三撃目
場面は変わって、エスメラルダへの誤爆から一輝様の小宇宙に火をつけてしまった師匠。
一撃で一輝様にやられてしまいます。
そのとき何故か死ぬとき台詞を吐きながらつけていた仮面が風化していくという謎の死に方をします。
芸が多彩ですね。

四撃目
不死鳥座の聖衣を奪うため、暗黒聖闘士のテリトリーに向かう一輝。
雑兵を鳳翼天翔で蹴散らし、星矢たちとも闘った暗黒四天王を降し、暗黒聖闘士の首領、ジャンゴと対面する一輝様。
ジャンゴ必殺のデスクィーンインフェルノをうけて無傷の一輝様。
一輝「暗黒四天王のほうがまだ手ごたえがあったぞ!」
・・・まったくもってその通りだと思います。
どうしてこんなのが頭だったんですかネェ・・・。

五撃目
無事、不死鳥座の聖衣を手に入れた一輝様の前に黄金聖闘士のシャカ様が現れます。
一輝様を一撃で降し、さらにここでシャカ様と出会った記憶を消していきます。
なんで消せるのか?てか、なんで消したのかすら不明です。
[PR]
by swinging_pot | 2005-03-09 00:30 | 聖闘士星矢
=====憎しみの記憶の巻=====
少しストックしてあった原稿に追加修正を加えていたので、頭の中で時間軸がごっちゃになっています。
見直してみると、まだまだたくさんの突っ込みどころがありますネェ。

一撃目
暗黒ペガサスの黒死拳によって全身が黒くなってしまった星矢。
それをみた紫龍が
「このままではどうせ死ぬならばいっそひと思いに・・・」
・・・このあとのセリフなにが続くと思います?
トォーン、バッ
星矢の左胸あたりに穴を開けます。
それをみた瞬が紫龍を止めます。
そこで紫龍が「はなせ瞬 オレは星命点をついているのだ!!」
といいます。
/* 星命点の説明 */
人間はどこかの星の宿命の下に生きている。
守護星座をもつ聖闘士ならばその星座が命運を大きく左右する。
つまり聖闘士にとって自分の星座の形がそのまま自分の体の急所をあらわしている。
/* 説明終了 */

紫龍「星矢の星命点をついて悪い血をぬきとる以外に星矢を助ける方法はない。体が黒くなるのはにごった血液のためだ それを星命点よりぬきとるのだ」
急所から!?危ないンじゃないのかなァ・・・。てかその前に「ひと思いに・・・」ってそりゃ、瞬じゃなくても勘違いします。

二撃目
星矢の13の星命点すべてを突いて穴を開けた紫龍。
「あとは自動的に血がとまるはず・・・」
ここまできたら生きるか死ぬかはもはや星矢の小宇宙次第だ
なんで血がとまるんですかねぇ、急所ですよ?
さらに、最後はやはり「小宇宙次第」となります。

三撃目
ついに暗黒を全て倒して一輝様VS星矢たち4人になりました。
まず、瞬を倒そうと鳳凰幻魔拳を出そうとする一輝。
その前に氷河が立ち塞がります。
氷河「おまえ自身もいったはず 一度みた拳は聖闘士には二度と通用しない」
一輝「ほう ならば幻魔拳をかえすことができるというのか」
氷河「文字どおり 幻魔拳そのものをおまえにはねかえしてやるさ」
一輝「おもしろい」
・・・なにが面白いものか・・・さすが一輝様です。

四撃目
氷河によって幻魔拳を跳ね返された一輝様・゚・(ノД`)・゚・。 言わんこっちゃない
このせいで一輝様はしばらく地獄のデスクィーン島の日々を思い出します。
幻魔拳を返された威力で眉間の古傷が開き出血する一輝様。
瞬「にいさんの額の古傷から血が・・・」
・・・このあと判明しますが、一輝がこの傷を負ったのはデスクィーン島での出来事です。
瞬はその経緯については知らないはずですが・・・。
さすが、小宇宙で繋がっている兄弟ですね。

五撃目
一輝様、デスクィーン島の日々です。
このデスクィーン島での一輝様の師匠ですが、変なヤツ極まってます。
まず、師匠の教育方針ですが「憎め!憎しみだ!憎悪だ!この世のすべてのものに憎悪をもつのだ!!」・・・なんでこんなひねくれてるんでしょう・・・
しかも、一輝様を狙った拳が外れて後ろにいたエスメラルダ(デスクィーン島にいる瞬に似た女の子)に誤爆。当然、一般人ですので死に至ります。
師匠「バカめ その娘はきさまが殺したのだぞ 敵にとどめをさせんきさまの甘さがな」
弟子に罪を擦り付けます。酷いヤツだなァ・・・。
[PR]
by swinging_pot | 2005-03-08 22:03 | 聖闘士星矢
=====激闘!龍対龍の巻=====
いよいよ2巻最後です。

一撃目
暗黒アンドロメダに勝った瞬。
そこで暗黒ドラゴンが
「あわせて五つの(黄金聖衣の)パーツがある!」
そこに紫龍登場。
「ちょっとまってくれ もうひとつふえるぞ!オレのもつ右腕がな!!」
・・・コイツラ、「もってこい!」といわれて持って行ってなかったのか。
むしろ、感心。

二撃目
ドラゴン対暗黒ドラゴン。
暗黒ドラゴンが洞穴の闇にとけこむ。
対して紫龍も
「こちらだけ姿が丸見えではあまりにも不利だからな」
「こちらも闇に同化しよう」
・・・また、なんの断りもなしに平然と「闇に同化」とかやってくれます。

三撃目
闇の中でも的確に攻撃をしてくる暗黒ドラゴン。
「これではまるで目の見える者と見えぬ者との戦い・・・相手の姿が見えぬ以上勝負にならぬ・・・」
・・・もっと先まで進めていくとツッこめるんですが、「お前が言うな」。

四撃目
暗黒ドラゴンに追い詰められて必殺の慮山昇龍覇を使おうとする紫龍。
そこで、老師の言葉を思い出します。
老「体力がいちじるしくおちているときは昇龍覇を使ってはならん」
紫「なぜですか?」
老「慮山の大瀑布を逆流させるほどの昇龍覇 それはお前の中の小宇宙を最大に爆発させることによってはじめてなせる技」
老「しかし小宇宙を爆発させるということはおまえの全身の血をふっとうさせ逆流させる」
老「体力が低下しているときにそれをおこなえば血のふっとうと逆流に細胞が~」
・・・最後まで書くのも馬鹿らしくなってきますね。
「ふっとう」が「沸騰」ではないことを祈ります。

五撃目
友情のために「全身から血をふいて」慮山昇龍覇を打った紫龍。
それを受けてもなお立ち上がった暗黒ドラゴン。
そして暗黒ドラゴンは紫龍に止めを刺すと思いきや、友情に目覚め血止めの急所「真央点」をついて紫龍を助ける(直後、自分は死亡)。
ムゥが言ってましたよね。「かすり傷でも出血すれば死ぬ」って。
血を止めても、遅いです。
[PR]
by swinging_pot | 2005-02-27 22:03 | 聖闘士星矢
====瞬!怒りの星雲の巻====
何事もない日々でしたのでまたもや聖闘士星矢です。

一撃目
星矢の腕に鎖を巻きつけて動けない瞬に暗黒アンドロメダが襲い掛かる。
星矢「おれにかまわずあいつをたおせ・・・」
瞬「そんなことができるか・・・ この戦いはもともとぼくら兄弟がもとでおこったことだ」
そうでしたか?
おそらくあなたたち「兄弟」が原因ではなく「一輝様」が原因だったかと思います。
もっと元をただせばいろいろありそうですが・・・。

二撃目
ところ変わってジャミール。
聖衣の修復をするために聖闘士の血が大量に必要だとのこと。
それを聞いた紫龍はためらわず自分の両手首を切り聖衣にかけていきます。
大量の血が必要だといわれただけですよ?
なぜ聖衣にかけたりしたんですか?
しかも、自分は死ぬと言われているのに自分の聖衣にも血をかけています。
その聖衣は誰が着るんですか?
[PR]
by swinging_pot | 2005-02-22 21:14 | 聖闘士星矢
====凄絶!白鳥対鳳凰の巻====
もう眠いので、溜め込んだ聖闘士星矢ネタで更新。

一撃目
テレポーションしてきたブラックスワンの眼。
それをみて一輝は
「よくわかった」
・・・?

二撃目
割と有名な設定なのですが氷河のダイヤモンドダストを跳ね返した一輝の一言。
「聖闘士には一度みた拳は二度とは通用しないのだ」
この設定、生き返ったり死んだりします。注意。

三撃目
鳳凰幻魔拳により母親との思い出を踏みにじられた氷河が一輝に怒りのホーロドニー・スメルチ。
聖衣だけを残して回避した一輝。
「いったはずだ 一度みた拳はオレには通用しないとな」
聖衣を捨てないでください。キグナス最大の拳が直撃です。
[PR]
by swinging_pot | 2005-02-21 23:59 | 聖闘士星矢
====黒死拳の恐怖の巻====
一撃目
富士の風穴に突入しようとする星矢たち。
その中でお互いの居場所を確認するために鈴をつけていくことを瞬が提案します。
「鈴の音がきこえるかぎり生きてるか死んでるかわかるってことだな」と、氷河。
・・・わかりますか?

二撃目
キグナス対ブラックスワン
キグナス最大の拳ホーロドニー・スメルチを受けて瀕死のブラックスワン。
残された右手で自分の右目をえぐりだし、その目が突如、手の中から消えます。
「むっ 右目が消えた!? どこかへテレポーションさせたな・・・
紫龍もそうでしたが、テレポーションとかを平気で使わないでください。
・・・実際、そうなんですが・・・。

三撃目
ブラックスワンとの戦い後、なにかに勘付く氷河。
「今・・・鈴の音がしたような・・・」
「気のせいか・・・」
岩陰には暗黒ペガサスにやられて瀕死の星矢が倒れていますから!
やっぱり、鈴じゃわかりませんよ~。

番外
ブラックスワンは氷河と同じように凍気で戦います。
暗黒聖闘士たちの修行の場はデスクィーン島です。
他の暗黒たちは他の聖闘士から闘法を学べばなんとかなるかもしれませんが、凍気の闘法は黄金聖闘士 水瓶座のカミュの弟子たちしか使っていません。
どうやって修行したんでしょうかね?独学?もしかしたら才能があったのかもしれません。
[PR]
by swinging_pot | 2005-02-15 22:05 | 聖闘士星矢